鬱

その憂鬱の原因【現代社会で生き抜く為の作戦を練ろう】

何を見ても楽しくないとき

悩み

憂鬱は、長引くと心ばかりでなく体にとってもよくありません。憂鬱のために夜眠りが浅くなったり、悪い夢ばかり見るようになることがよくあります。こうしたことが続くと、今度は体の調子がだんだん悪くなってくるのです。はじめは頭がどんよりとした感じがする、といったような漠然としたものであるのが普通です。しかしそれを放っておくと、消化不良気味になって食欲がなくなったり、つねに息苦しい感じがしたり、特に肉体労働をしたわけでもないのに腰が痛んだりするようになります。そこで胃腸科や整形外科へ行って薬をもらっても、症状はスッキリせずだらだらと続くことが多いのです。このような状態に心当たりのある人は、一度自分の心理状態に目を向けてみる必要があります。根本の心のストレスが解消されるまでは、手を変え品を変えるようにさまざまな病状に悩まされることになるためです。いきなり精神科に行くのは抵抗があるという場合は、心のストレスから生じた体の病気を診療するのが専門の心療内科へ行ってみるとよいでしょう。

憂鬱はどんな人でも感じるものですが、たいていは時間が経てば回復します。しかし、憂鬱を抱えたままで生活していると、知らず知らずのうちにうつ状態になってしまうことがあります。そうなると落ち込んだ状態から自力で回復するのが難しくなります。普段なら気分がぱっと明るくなるような出来事があっても気持ちが晴れず、気の合う人とおしゃべりしても少しも楽しくなれない・・・このようなときは、専門医のアドバイスを受けるのがおすすめです。単なる憂鬱ではなくうつ状態やうつ病になったら、少しでも早いうちに適切な治療を受けた方が、こじらせずに済むからです。症状が進行すると、今度は落ち込むだけではなく、自分自身を極度に責めたり卑下したりし始めます。それが行き着くところは「自分なんて生きていても何の価値もない」という自己無価値感です。このような信念が定まってしまうと、修整するのが難しくなります。朝起きるのが辛くてたまらない、休日は比較的元気だが月曜は嫌でたまらない、というような状態になったら、早めに精神科を受診しましょう。