鬱

その憂鬱の原因【現代社会で生き抜く為の作戦を練ろう】

心が発する危険信号

気分が乗らないという信号

元気になる

「憂鬱」という状態は、誰でも経験があるくらいに、精神状態としましては、いたって普通の感情とされています。ですから日常生活の中で、少しくらい「憂鬱」な感情に支配されましても、それで精神病院やカウンセリングルームを訪ねようと思う人は、そう多くはないでしょう。しかし確かに「憂鬱」という感情だけでは、そのような危険性はないにしましても、それがひんぱんに発生したり、その度合いが大きい場合は、それは要注意です。実にこの「憂鬱」という感情は、自分の精神が病み始めている状態を知らせる、危険信号である場合があるからです。一般的に有名な「鬱病」のような心の病気というものは、何の前触れもなく、いきなり発症するような事は、原則ありません。こういった心の病気というものは、大抵はその発症の前に、その予兆とされるものが現れるものなのです。そしてその、心の病気の予兆としてもっともポピュラーなもののひとつが、この「憂鬱」という症状なのです。確かにこの「憂鬱」という感情は、多くの心の病気に共通する症状です。

早期発見と対処の重要性

そもそもこの「憂鬱」という感情は、つかみどころのないものです。それは明確に、こうした理由で「憂鬱」になっていると言い切れないものが、そのほとんどのようですが、それは様々な要因が積もって、自分でもどうしていいかわからないような状態になっている場合に、起こりやすいのです。つまり気持ちがいっぱいいっぱいで、余裕がなくなってしまいますと、精神が混乱してしまい、一種の錯乱状態になってしまうのです。そうなりますと、心というものはその精神状態の崩壊を防ぐために、言うなればブレーカーを落とすように、感情を遮断してしまうのです。これが一般的に知られている「憂鬱」状態の発生原因のほとんどで、そのために本人は、明確な理由もわからないまま、何もする気がなくなってしまうのです。ですからこうした症状が見られ始めた場合は、まずその精神状態を落ち着かせるために、心に休憩時間を設けて、その精神を安定させる必要があります。気が張っている時には、多少の無理はききますが、それも限界があるからです。