鬱

その憂鬱の原因【現代社会で生き抜く為の作戦を練ろう】

辛いときの解決法

辛い出来事も乗り越える

先生

私たちは生きていく以上、楽しく幸せに暮らしたいと思っているものですが時にそうでなくなる場合もでてきます。 毎日が幸せと感じられるような工夫がいるかとされますが、楽しいとか幸せと思えるのは人によって違ってくると言えます。 どうあれば、自分が幸せな気分で過ごしていけるかを認識しておくのも大切です。 自分にとっての幸せ感をわかっていれば、いつもそれにふさわしい行動を行っていけるという風になります。 しかしながら人が生きていく過程には、様々な試練が待ち受けているものです。 ほとんどの人はそんな現実と向き合いながら、辛いことが起きてもたくましく生きているわけです。 楽しいばかりの人生ならばよいのですが、そうでないのがこの世の定めであります。 私たちは辛いときや悲しい気持ちになったとき、憂鬱な気分に苛まれるようになります。憂鬱な気持ちはただの感情だと軽視しがちですが、心の病気を発症したサインの場合もあります。そのため、長続きするようであれば精神科などに出向いて診察を受けてみましょう。病気であった場合はそれに適した治療が受けられますし、そうでなかった場合もカウンセリングにより症状を改善できることがあります。

幸せホルモンを増やす

私たちの毎日は様々なことが待ち受けているとして、時にはそれに負けそうになる場合があります。 それと同時に憂鬱な気持ちになって、途方にくれるといった状態に陥ります。何かの出来事があってそのような気持ちになるのは自然のことですが、なかには自分でも原因のわからない憂鬱感を覚える場合もあるわけです。 毎日活動するのもやる気が起きない、体が重い、気分が落ち込んで憂鬱な気持ちから抜け出せないといった状態にあります。 そのような気分になる原因として、一番考えられることがストレスだと言われます。 ストレスは自律神経の働きを悪くし、脳にもよくない影響を与えるとしています。 自律神経の働きが悪くなると、精神不安定な状態をつくり不安感を消せないといったことになります。 また、脳への影響として幸せホルモンと言われるセロトニンの量を減らすとも言われます。長く続く憂鬱は、病気を視野にいれて考える必要があり解決できない場合は専門家を訪ねることが大事となります。 医療機関であればセロトニンを増やすことのできる、お薬を処方してもらえ治療に役立ちます。服薬が嫌な方にはそれ以外の治療法も提供してくれるので、きっと早期治療に繋がるでしょう。