鬱

その憂鬱の原因【現代社会で生き抜く為の作戦を練ろう】

気分が塞いでいる時には

趣味や感動を大切にしよう

先生

人間は仕事で失敗が続いたり人間関係が大変だったり、学校の課題が重なったり等の外部的な要因によって憂鬱な気分になってしまう事があります。憂鬱な気分が継続していると、うつ病や心身症や強迫神経症など心の病気を引き起こす要因となってしまいます。そのため憂鬱な気分となっても、それを継続させない事が大切です。現在はインターネット社会なので、手軽に様々な趣味の情報や音楽を聴けることが出来ます。憂鬱防止のためには気分転換が大切なので、これら手軽な方法で趣味を楽しむようにしましょう。また感動をすることは憂鬱な気分を解消するために大きな効果があります。人間は感動をした際に流す涙には、体内にあるストレスが含まれているため涙によって体内のストレスを浄化できるという学説もあります。さらに脳科学的にも、感動は脳を活性化して若返らせる効果と気分が晴れる効果も判明しています。この点、日常生活の中やそれ以外でも読書や映画などで良いので多くの感動的な場面に接するようにしましょう。

気分を塞ぎこませない

憂鬱な状態は仕事で失敗したときや、学校での宿題が間に合わないなど日常生活を送る上で誰にでも起こりえることです。そのため少しくらい憂鬱な気分があっても気にしない事が大切です。しかしあまりに憂鬱な気分を継続してしまっていると、うつ病や心身症などを引き起こしてしまう可能性が出てきます。そのため気分転換が大切になります。気分転換の方法は趣味の時間を大切にするなど多くあります。しかしアウトドアやスポーツが趣味の場合は、例えば怪我をした時や悪天候が続く場合には、趣味を楽しめないなどのデメリットが存在して、そのために憂鬱な気分になるために注意が必要となります。この場合、友人や家族と一緒の時間を過ごすのも、憂鬱な気分防止のために有効な方法となります。例えば家族と一緒に食事に出かける事は気分転換になります。また友達とカラオケに行く事も憂鬱な気分の防止になります。カラオケは発声作業を行いますが、この発声というのは憂鬱防止とストレス発散のために大きな効果を得られます。