先生

その憂鬱の原因【現代社会で生き抜く為の作戦を練ろう】

心理状態を知る

どのような状態なのか

鬱

気がふさいだりするような時や憂鬱な気持ちになる事が現代社会を生きている上で起きやすくなっています。憂鬱な気持ちになるといつも楽しいと思っていたような事でも楽しく感じなくなったり、すべての行動についてわずらわしくなったりやる気が無くなったりしてしまいます。精神的な事以外にも憂鬱が原因で夜眠りにくくなったり仕事や勉強が手につかなくなってしまったりという対外的な影響も現れる事が有ります。精神科や心療内科を受診することで薬をもらったりする人も増えてきていますが、精神科や心療内科に受診し、診断を受けるという事が怖いと感じてしまい受診すらできずにいる未受診患者の存在も多く確認されています。自分の憂鬱な気持ちといかにうまく付き合っていき普通の生活を行えるかが現代社会においての課題だと言われています。今では学校や職場などで独自の心理カウンセラーなどを専任させたり、定期的に精神的なアンケートを取ることにより、精神疾患を抱えている者がいないかどうかチェックし個人的な面談や受診を勧める動きが広がっています。

自分でできる解決策とは

自分で憂鬱な気持ちを失くすために色々と行うことに関しては軽度の憂鬱を持っている人には多大に効果が有ると言われています。主な解決策としては睡眠・休養・落ち着いた生活・食事習慣の改善・ストレスとなっている事柄からの脱却などが有ります。睡眠や休養に関しては体を休ませることによって脳細胞や全身の細胞に栄養がきちんと吸収されるようになり、体力面において向上します。落ち着いた生活については一日の動きや流れなどをあらかじめ決めてしまい、その日に行う事を定型化する事で余分な事を考える手間が減り、生活のわずらわしさが軽減します。食事習慣の改善は、自分の食べたい物を中心とした献立の中に野菜や旬の食べ物を取り入れる事で、その季節の食べ物からエネルギーを体に取り入れる事が出来ます。ストレスからの脱却については何が自分を苦しめているのか考えてみて人の場合はその人から距離を取ってみたり、積極的に話さないようにします。場所や物が原因の場合は、少し離れた場所に行くか捨てるなどの方法を取る事で精神的に穏やかになる効果が期待できます。

何を見ても楽しくないとき

悩み

憂鬱は誰でも感じる軽いものから始まりますが、放っておくとうつ病につながることがあります。何をしても気持ちが明るくなれない状態が続いたら、精神科や心療内科で診察を受けましょう。心の不調が体の病状として現れることもあります。

Read More...

辛いときの解決法

先生

人はたまに憂鬱な気分になることがあるかとされますが、それは自然のことであり自分なりの解決法を見つけることで解決ができます。ですがなかには異例もあり、長く症状から抜け出せないときは専門家に相談することが大切です。

Read More...

心が発する危険信号

元気になる

「憂鬱」というものは、実は心が発する信号なのです。特に理由もないのに何もする気にならず、無気力や無関心という状態になってしまうのは、これ以上精神状態を緊張させていると危険だという心の発する赤信号です。

Read More...

気分が塞いでいる時には

先生

人間は憂鬱な感情な時もあります。しかしあまりに憂鬱な状態が続く場合は心の病気の可能性がありますので、自分の状態を確認することが大切です。憂鬱な状態が続くとうつ病などの病気を引き起こすために注意が必要です。

Read More...

季節が関係している

元気になる

日本には四季があるため、雨季や冬季など、日照時間が減る季節や、日光を浴びる機会が減る季節において、憂鬱などの症状に見舞われる人がおりますが、それは季節性感情障害(SAD)と呼ばれる病気なのです。

Read More...